オッソ・ブーコ(Osso Buco)

こんにちは。

今日の夕食はオッソ・ブーコでした。
子牛骨付きスネ肉の煮込みです。
足の上部をスパーンと輪切りにしている部位。(ちょい残酷)
このオッソブーコ、有名なイタリア料理で直訳すると「穴の開いた骨」です。
煮込んでいる間に骨の中央の骨髄が縮んで穴が出来るから。
昔、料理学校でも習いました。
トマトピュレや白ワイン、香味野菜、ハーブで煮るシンプルな料理ですよ。
すね肉は、筋繊維が硬く、腱なども硬いのでとにかく煮込むと美味しくなる部位。
長時間煮込むと肉が崩れるので、綺麗に仕上げようと思ったらタコ糸で縛って調理するんですが、
家族用なので崩れてもOK牧場。
IMG_7144up




















このちっちゃいスプーン、髄をほじくり出すのに最適な大きさ~♪
IMG_7149 up




























ご馳走様でした。
IMG_7159 up






























★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>