カリフォルニアへ戻って来ました&九州レポ続き

こんにちは。

旅行中はなかなかブログの更新が怠りがちだったんですが、
アメリカに戻って来ましたので又、コンスタントに更新いたしますね。

7月2日からの九州入り、大分まで竹細工を探しに行ったり、熊本南阿蘇のロケ地の下見、
「ちかけん」さんとの美しい竹照明の打ち合わせ、食材、浴衣探し、テーブルデコレーションの為に
九州を駆け足で回った準備までの1週間、大変だったけど終ってみるとあっという間で
今は懐かしむ気持ちです。
ミスインターナショナル8名の浴衣姿、震災の復興を願って短冊に願いを描く姿は豪華絢爛、
今でもそのゴージャスな光景は目に焼き付いています。
又、南阿蘇の美しいお庭とちかけんさんの竹明かりが私のテーブルに華やかさを与えてくれました。
下見をする時間もない中、その準備をする短時間の中で偶然の出会いがいくつかあり、
そのどれかかけてもあの七夕イベントは成功しなかったと思うくらいです。
その偶然の出会いは、やっぱり祈りから始まるのだと思いました。
復興への願い、このプロジェクトをかかわっているみんなが成功させたい願い。
当初、イベントは梅雨時期である為、ペンションのホールで行うつもりでした。
でも、下見に行くと絶対に庭でやりたい。
今思えば無謀な賭けだったんですが思いが強すぎて守りには入れませんでした。
でも、前日まさかの雨の予報・・・・。
本気で「この先ずっと雨がふっていいからイベント日だけはふらないで!」と強く願いました。
当日もテーブルセッティングした出した瞬間ゴロゴロと雷の音。(T_T)
ペンションの女将さんも「これは降るわね・・・・」と。
でも結果、イベント終了3時間後に降り始めてその後ずっと雨となり、イベント中は全く降らなかったのです!
暗くなってからは、竹明かりが幻想的な美しさでした。
誰かを思う祈りは絶対に通じるのだと感じました。(´▽`)

さてさて、七夕イベントは過去ログでご紹介しましたので、その後の九州を。
こちらは、熊本の次に訪問した宮崎です。
宮崎の青島神社。亜熱帯植物の群生地になってい南国宮崎を感じられる神社。
国の特別天然記念物にもなっているらしいですよ。
宮崎では植物園でマンゴーパフェも食べご満悦。
jinnja


























翌日は鹿児島の指宿白水館
砂蒸し風呂、温泉が最高の旅館でした。
ここではミスインタ―ナショナル優勝者、エディマーのインタビューも撮影しました。
お料理が本当に美味しくて感動しました。(ここに写っているお料理はほんの一部。)
使っている食器が又美しく、殆ど有田焼なんだそうですが
セレクションが素晴らしい!全部欲しかったです。笑
夜、もう既に砂蒸し風呂は終了していたので、早起きして朝一番で入りに行きました。
平均して800g痩せるなんて聞くと何がなんでも行かねば。
皆考えることは同じ。早朝に関わらず、知り合いが沢山砂に埋まっていました。笑

経済産業省の方々を始め、アースボイスプロジェクト、カメラマンの皆さん、その他沢山の方々の
ご協力を得て、「ミスインタナショナルによって、九州の魅力を伝える」プロジェクトが実現されました。
スタッフの一員として、料理科家として、本当に貴重な体験をさせて頂き、感謝の思いでいっぱいです。
有難うございました。
これからも微力ながら九州を精一杯応援させて頂こうと思います。(´▽`)
kaiseki































★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>