サンタフェ②

こんにちは。

今朝はまず、前々から行きたいと思っていたジョージア.オキーフ美術館へ。
20世紀を代表する女性画家であり、抽象画を描き始めた最初期の一人だそうです。
代表作は主にカラーやアイリスなどの植物で、
ポスターなどにも使われているので知っている方、好きな方も多いのでは?
私は、彼女が晩年を過ごしたニューメキシコでの作品が好きで
それらも沢山見ることが出来て嬉しかったです。
IMG_5420 up






















この美術館よりももっと行きたかったのが、サンタフェから1時間程離れた
アキュビーの家。時間がなかったな。。。
日本でも昔「オキーフの家」という写真集が出版されているので知っている方も多いと思います。
ニューメキシコの伝統的なアドビ(Adobe)建築で、シンプルながらも彼女のこだわりが
随所にちりばめられたインテリアとお庭。
その庭で野菜や果物を作り、自給自足に近いオーガニックな食生活をしていました。
彼女は料理本を出しているくらい料理に関心が高かった人で、髪を纏め、
黒いエプロンでキッチンに立つ彼女はとても格好良く、憧れそのもの。
私はオーキフに画家としてよりも、晩年過ごしたニューメキシコでの、
家造りを含めたライフスタイルが大好きで興味があるんですよね~。
IMG_5452 up
































その後は、サンタフェの中心街、プラザをブラブラ。
これはネイティブアメリカンの方々のお土産屋さん。
ターコイズのアクセサリーやら土器、キリムなんかが売られていますね。
IMG_5425 puraza
































近くにこんなトウガラシも売っていました。
リースになっているものもあって、インテリアにもグー。
IMG_5427 up
































その後は、ホテルのアクティビティーで「Clay and Culture」のクラスを取りました。
パパ君に「興味なかったら私が作っているところを写真撮ってくれたらいいからね」と言うと、
鼻息荒く「絶対に俺もやる!」と。笑
ネイティブアメリカンの歴史や、焼き物の種類を説明してもらいながら
簡単な焼き物を作るクラスです。
ちなみに、伝統的なレンガ造りや、この時期は皮付きトウモロコシで作るリースも体験できるみたいですよ。

ホテルの近くに住むTamayaインディアンのインストラクターが粘土を切り分けてくれています。
この日の生徒は私たち夫婦のみ~。
IMG_5436 up
































やってみるとなかなか難しい。。。
結構、私もパパ君も本気モード。
焼き物にペイントする柄もやはり昔ながらの伝統的なもの。
pottery






























口をとんがらせながら苦戦する私。でも確実に嵌っています。笑
IMG_2999 (1) up




































ちと恥ずかしいけど、出来上がり~!
左が私ので右がパパ君。 どっちのが好み?笑
IMG_5449 up


































★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>