ドイツとベルギーの旅⑦

ドイツとベルギーの旅⑦

サマーバケーションの備忘録も最後となりました。
(お付き合い有難うございました。(´▽`))
ベニスを早朝立ち、向かうはドイツの有名温泉保養地バーデンバーデン。(バーデンとはお風呂って意味)
ここはヨーロッパを代表する温泉リゾート地で、カジノや観劇、グルメを楽しむ富裕層でいっぱい。個人宅もお城っぽい建物が多く目の保養になりました。
barden



















私達がここに立ち寄った目的は遊ぶことじゃなく体を休めること。今回の旅行のメインは昔住んでいたデュッセルドルフ、そして思い出の場所を巡ることだったのでレンタカーが必要でした。かなりの距離を運転していたのでバーデンバーデンは体を休める為に寄った所なのです。
FBでの投稿でも書いたんですが公共の温泉施設は2つあって、一つは水着着用、もう一つは素っ裸男女混浴。(ドイツのサウナは老若男女水着禁止で混浴が基本。)ヌーディストビーチや村もあるのでハダカに対して寛容な国なんでしょうね。
私は大和撫子ちとカンベン。(^▽^;)
泊まったホテル内のスパを楽しみました。(たぶん外人が多いホテルだからかサウナエリアでもスッポンポンの人は居なかったです。笑)
spa



















ゆっくり体を休めて翌日は友人家族の住むベルギーのブリュッセルへ向かいました。
ブリュッセルもドイツ在住時代よくランチしに来た町でした。グランプラスで待ち合わせ。
IMG_9500 up




















久しぶりに会った友人家族は娘ちゃん達がお年ごろだというのにパパが大好きで暖かい家庭を築いていました。アメリカだと駐在すると直ぐ日本人も現地校へ入れるけど、ドイツもベルギーも中学まで日本人学校、高校でインターなので大変だそう。フランス語やドイツ語が身に付いてきたと思ったら今度は英語の世界。色んな国の教育事情や生活環境については興味津々なのでした。
さて、ランチですがグランプラスに近いレストランで、友人家族がオススメの所に連れて行って貰いました。
ムール貝はトマトソース、白ワイン2種類、魚介盛り合わせ、フライ、ハーブバターでローストしたムール貝も。そりゃめちゃめちゃ美味しかったです!あとベルギーのビールが好きでよくアメリカでも飲んでいますが、本場は格別!
kai




























お約束のしょんべん小僧やGODIVAの第一号店にも立ち寄りました。ベルギーワッフルも豪華!
この友人家族ともアメリカでの再会を約束して別れました。

今回の走行距離は10日間2800キロ。(ベニスでは運転していません)
運転好きなパパ君と、景色見ながら何時間もボーッとするのが大好きな私だから成り立った旅。一応、私も運転するつもりでアメリカで私が乗ってる車種を借りたんですけどね、結局一度もせず。(^▽^;)
ドライブ中、絶景ポイントで必ず寝てる私。
写真に夢中になって気がついたら迷子になってる私。パパ君がこの旅でイラっとした2点だそう。笑
これも含めて本当にご苦労様でした。
懲りずに又、連れてっておくれ。(´▽`)
brussel




























★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>