フォアグラ大根

こんにちは

今日からサマータイムがスタートしました。
日が長くなるのは本当に嬉しい。
テラスでお酒を呑む機会が増えそうです。

今日はフォアグラの残りが冷凍庫にあったのでおつまみにフォアグラ大根を作りました。
カリフォルニアではフォアグラが一時期使用禁止になっていましたが
(アヒルやガチョウに無理やり餌を食べさせて肝臓を太らせる生産方法に反対で)、
2年前から又解禁になっていますよね。
私も解禁して直ぐに、レッスンでロッシーニ(牛フィレステーキの上にソテーしたフォアグラを乗せる料理)を出しました。
世界三大珍味のフォアグラ。
賛否両論あると思うんですが、料理学校に通っていた頃、授業の一貫で食品業界のビデオを見せられました。
屠殺場で撮られたものなど衝撃的な映像ばかりでした。
健全に育てられたオーガニック・フフリーケージのチキンなども、
さばく時は注射で眠らせるわけではなく。。。。(>_<)
私は、ベジタリアンには絶対になれないので、
とにかく与えられた命には全て感謝して美味しく調理し、残さず食べきる事を心がけています。
フォアグラもやっぱり美味しい。
今日も与えられた動物の命に感謝しつつ美味しく頂くのでした。

ちなみにカリフォルニアのペットショップでは犬や猫などの動物は売っていません。
営利的に繁殖された動物の販売は、アニマルシェルターにおける殺処分率の増加の一因ということだそう。
シェルターでもらう人が少なくなるということですね。
ブリーダーも厳しい許可書を申請しないと売ることはできないそう。
例えば1頭につき1年に一回の繁殖しか許されないとか、出産後8週間は母親から離すことができないとか。
こういう条例は本当にいいと思います。


さてさてお料理に戻りますよ。野菜のコンソメでじっくりコトコト。
隠し包丁で味が染み込み易くしています。
味がしみた大根の粗熱が取れたらオリーブオイルで表面を焼きます
IMG_8377 up



























ソースは、バルサミコ酢、みりん、醤油、煮汁、仕上げにバター。
小麦粉を軽く叩いたフォアグラをカリッと焼きます。フォアグラの半分は脂。
フライパンにオイルを引く必要ありませんよ。
大根の上に乗せてソースをかけて出来上がり。
IMG_8388 up






























★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>