レストランウイークを利用してB.Dランチ(レシピあり)

こんにちは。

OCレストランウイークを利用して、お友達のバースデーランチに行ってきました。
レストランウイークとは、期間限定でリーズナブルな料金でランチやディナーが楽しめるもの。
お友達はクーポンやこういう情報に敏感で積極的に調べてくれるから嬉しいの。
私、苦手なんですーーー。(^▽^;)
今日も、そのお友達、グルーポンで350ドルのブランドものドレスを20ドルでゲットしたと
お披露目。可愛かったですよー。

最近お天気に恵まれませんが、日ごろの行いのが良いのでしょう、
途中晴れて、オーシャンビューを楽しみながらのランチスタートです。
こじんまりしたホテルで階段を降りたらビーチです。
Laguna Beachにあるここです。
IMG_2662 up
































これらはアペタイザーですね。
ブラッセルスプラウトのソテー、柚子カードや、ツナ・マロー。
このツナのタルタルには、ジンジャーやクリームが入っています。
アペタイザーとは別にパンとタプナードが出て来るんですが、美味しいんですよ。
昔、このレストランに来た時に入っている材料を聞いたら、なんとレシピをくれました。
昔のブログで検索すると、私、そのレシピを元に簡単に作り変えていたんですよ。
オリジナルは、ローストしたガーリックと生のガーリックを両方入れたり、
エシャロットを赤ワインで煮詰め、そこへ蜂蜜で味付けしたものを加えたりとか、
見ただけで作りたくなくなる様な手の込んだ(面倒臭い)レシピ。
なので、簡単に、又好きなアーティチョーク缶を加えたりしてレシピを起こしていたので、
良かったらお試しくださいませ。

【材料】

アンチョビペースト  大匙1
サンドライトマト  1/2カップ
エシャロット  大匙1
ニンニク  2個
ケイパー  大匙2
グリーンオリーブ  1カップ
アーティチョーク(水煮)  1/2カップ
フレッシュタイムとパセリ  少々
EVオリーブオイル  1/2カップ
赤ワイン  大匙1

これらをフードプロセッサーに入れてON。

apptaizaer



















こちらは、メインで帆立のグリルを選んだ人、ロブスタートーストを選んだ人がいましたよ。
アペタイザー、メイン、デザートと、三種類の中からチョイス。
どれも美味しいですよ。プレーティングが美しい。
main

























今回は、「2-Course lunch/$20」を頼み、アペタイザーとメインをチョイスして、
デザートは皆でシェアしました。
シナモンクリームブリュレ、ラズベリーチョコレートタルト、
キャラメルチーズケーキ、どれも程よい甘さで日本人好みです。
dessart














今回のバースデーガールは、ハイスクールの娘2人を育てながら学校に通い、
晴れて試験にパスして明日からナースとして一人立ちします。明日は初出勤だと!
ここに至るまで、ホントによく頑張りました。
つい数年前「ナースになる為に学校に行こうと思って・・・」って、
夢物語を語っているかと思いきや、躊躇せずにスタートしもう卒業!(@_@)
人生、あっという間ですから、思い切ってチャレンジしてみるのが正解!
アメリカでの子育ては車での送り迎え(学校以外の習い事、試合等)がホントに大変。
それをこなしながら自分の勉強も家事も頑張り続けた彼女をとても誇りに思い、尊敬しています。
人のお世話をする事が大好きな彼女、最高のナースになることでしょう。
夢が叶って嬉しいです。(´▽`)





★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>