5月レッスンお料理のご紹介

こんにちは。

今日のレッスンは、アメリカ在住歴の長いお姉様方のクラスでした。
皆さんパワーのある方ばかりですが、今日は初めていらして下さったお姉様もこれまた凄い方で、
人生観に聞き惚れてしまいました。
芯がしっかりしているから自分の信じる道を突き進めるし、迷わない。
強さって優しさでもありますよね。幸せになる人って心が強い人だと思います。

色んな人の意見って本当に参考になるけど、とりわけ人生経験豊富な方のお話って為になりますね。
いつもいつも有難いです。
「こんな風に年を重ねたいな」って見本になる方々ばかり。
皆さん、実年齢より、10~15歳は若く見えます。まー、奇麗にされています。(´▽`)

さてさて、今回のレッスンのお料理を紹介させて頂きますね。
今回のテーマは、「Farm to Table」。
レストランでも多いですね。お庭でレッスンやったらもっと雰囲気が出そうなもんですが、
残念ながらうちのお庭って猫の額くらい狭いの~。(^▽^;)
雰囲気を出す為に今回はハーブを飾っています。(サラダ菜とかもあるよ)
お持たせは、ローズとラベンダーのエッセンシャルオイルを入れたバスソルト。
あ、キッコーマンさんからご提供「生醤油」も皆さんに喜ばれています♪
bath salt















テーブルカラーはグレイのマーブル。
シンプルに、シンプルに。
IMG_8628up




















アペタイザー①エッグスラットwithボルドレーズソース。
小さな芽キャベツの葉を飾っています。
IMG_8623up




























アペタザー②ポーチドペアとゴルゴンゾーラチーズのサラダ。
色はボルドー、ピンクで統一させました。
因みにボルドー色のスプーンにはハチミツが乗っています。
盛り付けは1つ私が見本を作り、あとは皆さんでやってくれます。
とっても上手ですよ♪
IMG_8639 up




























アペタイザー③ラムチョップwith香草パン粉。
ラックオブラムで一度オーブンで焼き、レアで切り分け、パン粉を乗せて再度オーブンで。
チーズ入りパン粉なのでカリッと美味しい!
IMG_8642up




















アペタザー④スモークドシーフードwithパープルカリフラワーのソース
試験管に入ったソースと、お椀の縁に付いたブラックガーリックアイオリソースで。
青森産のブラックガーリックがアメリカでも人気なのが嬉しい。( ノД`)
smoke





















アペタイザー⑤フォアグラ大根。
フォアグラはグレードAを使っていますよ♪
野菜だしでコトコト煮込んだ大根にフォアグラのソテーを乗せます。
ソースは和風バルサミコソースとイチゴソース。
IMG_8653 up




























Surf and Turf(お肉と魚のコンビネーション)
サーモンのグリル、ブラッドオレンジブールブランソース、パールクスクス。
鴨のロースト、カリフォルニアサルサ。
トマトの薄焼きはメインの飾りつけで用意していました。
IMG_8658 up



















こちらはデザート。アールグレイのムースとナッツ入りチョコレートムース、お菓子のおもちゃ箱。
この副題は生徒さんがつけてくれましたよ。
所狭しと詰め込まれた飾りの菓子がそう見えるんですって。笑
女子を喜ばすお菓子作りは本当に楽しい♪ 私は塩辛の方が好きだけど~♪
IMG_8668 up
























★2014年11月 KADOKAWA/メディアファクトリーより新刊『理想の暮らしの見つけ方』が発売されました。




●amazon
よりお求め頂けます。








★マイナビ『野菜のフィンガーフード101 -ひとくちからのおもてなし-』もご好評発売中です。





●amazon
、電子書籍版Google play

シナノブック,kobo

よりお求め頂けます。
















●いつもブログをご覧頂き有難うございます。


見た印にポチッと押して頂けると更新の励みになります。






ブログランキング・にほんブログ村へ






家庭料理ランキング♪






ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村おもてなし料理ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>